プリンターとインクの種類と特徴について

カラーのインクジェットプリンターを選ぶときに注意したいのが使用するインクタイプの違いです。プリンターによって染料タイプと顔料タイプがあります。それぞれのタイプは互換性がないため購入後の変更はできません。使用する目的に応じてどちらかを選択する必要があります。どちらのタイプもカラー印刷としての標準的な品質は満たされています。ただし、鮮やかさ、再現性、階調性などの要素を比較することでそれぞれの特徴が出てきます。そのためプリントする画像の種類によってメリットとデメリットがあります。普段プリントする画像の種類がどちらのタイプに適しているのかを基準として比較する必要があります。また消耗品のコストについても違いがあるので運用面でも比較してプリンタを決めることが必要です。

発色がクリアで鮮やかな染料タイプ

染料タイプはインクが用紙に染み込みます。そのため仕上がりが用紙の質に依存します。光沢のある用紙にプリントすることで印刷の表面が滑らかな状態で光沢のある仕上がりを得ることができます。用紙の内部まで浸透して発色するためクリアで鮮やかな仕上がりになります。色の重なり合いも期待できるので色調が綺麗に見えます。顔料タイプに比べて安価で入手することができます。染料なので水に触れてしまうとにじむことやプリントしてから乾燥するまでに時間がかかるなどのデメリットがあります。用紙によっては染料の水分を含んで丸まってしまうこともあります。浸透する時間で仕上がりが変化するため色の再現性が低いことから印象的なイメージを安価で早く大量にプリントするような場面に適しています。

高精細な色の再現性がある顔料タイプ

顔料タイプは用紙の上にインクを定着させます。そのため仕上がりが用紙に依存しません。どの用紙に印刷しても仕上がりに差がないのが特徴です。染料タイプと違って乾燥が早く色の変化が少ないというメリットがあります。色の再現性が高いため色味が重要視されるような画像に向いています。特に美術品など画面上の色の再現性が重要なときには必須です。また、耐久性も優れているため長期間保存が必要な場面でも有効です。色が混じることがないため階調もしっかりと表現することができます。染料タイプと違って色を表現するために多くの種類を必要とします。色の種類が少ないと画質が荒くなるデメリットがあります。また価格も高価なため運用コストが高くなります。染料タイプと比べてプロ志向のプリンターです。

激安プリンターインクカートリッジ・トナーから筆記用具や文具などちょっと便利なこんまいものを集めました!ウェブ販売サイトこまもの本舗 万年筆でシックなカラーのインクをお探しのあなたへ、こだわりの万年筆用インクを取り揃えました。ぜひお気に入りの色を見つけてください 宅配代引きOK!(宅配便限り)15時までのご注文なら即日発送! プリンターのインクを選ぶならコチラ