きちんと知っておきたい正しいプリンターとインクの使用方法

今では一般家庭にも普及しているプリンター。多くはインクジェット方式ですが、印刷枚数が多い人はカラーレーザー方式を個人で使用している人も増えつつあります。印刷する上で目的を定めると購入機器も選択しやすくなり、あれこれ迷うことがなくなります。高機能低価格機が増えている今、プリンターとインクの関係を様々な角度から知ることでより快適な印刷を楽しむことができます。また印刷する用紙の大きさや種類、印刷物の使用目的によって機器を使い分けることも必要になってきます。日本には数多くメーカーが存在し、様々なタイプの機器を販売しています。使用方法によっては便利で賢い機器でもあり、コミュニケーションツールの1つですが、特徴を知ることでより便利により安価に使用することができます。

印刷する用紙との関係を理解し目的に合ったものを

プリンターとインクの使用方法を理解する上で欠かせないものは印刷する用紙の種類です。パソコンから印刷のメニューを呼び出すと、用紙の大きさと種類を選択する画面が表示されます。用紙の種類は普通紙、葉書などあります。写真用紙については光沢紙、網目などのつや消し用紙、ラベル紙などがあります。この用紙の種類の選択を間違えると印刷の仕上がり具合に大きな差が出てきます。普通紙に写真用紙の設定をすると用紙が水に濡らしたように波を打つようになります。また葉書については印刷することを前提とした商品構成となっているため、自分の所有機器に合っている葉書用紙を購入する必要があります。最近は、名刺を自作するための用紙も販売されており、用紙の厚みなども印刷の仕上がり具体に影響を及ぼすこともあります。用紙の選択も印刷する上で理解する必要があります。

純正品とリサイクル品で印刷結果に差が出ることも

プリンターを使用する上で消耗品であるインクは欠かすことができません。特にカラー印刷できるタイプの機器でも黒がなくなると印刷ができなくなる機器が数多くあります。本体の価格より消耗品については割高感を抱いている人は数多く存在し、そのためリサイクル品を販売している業者も多数存在しています。メーカーとしては純正品を購入してほしいところですが、懐事情を考えると純正品を使用することに抵抗感があることもあります。印刷用紙についても同様のことが言えます。メーカーは純正品の用紙を数多く販売していますが、やはり純正品は高いと感じている人が数多く存在します。かつては純正品とリサイクル品で印刷結果に差が出ることもありましたが、最近は多くの人が印刷結果の差を気にしなくなってきたこともあります。印刷する機会が減り、個人の文書や写真などは印刷せずにデータのまま共有することができるようになってきたことも影響しています。印刷についての理解が日常生活において身近ではなくなってきた今だからこそ、正しい使用方法を理解する必要があります。