上手にプリンターやインクを使って長持ちさせるコツを伝授します

プリンターのインクをたくさん消費する用途の場合、大容量タイプに切り替えたり、予備を用意するのもひとつの方法ですが、節約をしたいなら、その前にできることがいくつかあります。特に、昨今では、エコへの意識の高まりから、大手プリンター各社を中心に、ある程度の印刷品質を保ったまま消費量を抑制するような機構が装備されています。 また、カラー印刷は、複数のカラーが混合され、用紙に染み込んで滲みが出ることも計算して色が再現される仕組みになっていますが、プリンター本体とトナーカートリッジのハードウェアだけではなく、用紙との連携も研究開発が進み、消費量を抑える工夫がなされています。今回は、それらのプラットフォーム側の施策に加えて、運用方法によってインクを長持ちさせるコツを伝授します。

モノクロ印刷を積極的に利用する

モノクロ印刷が必要となった場合は、モノクロ印刷を行う設定を積極的に使用するのがいちばんです。デフォルトのカラー印刷の設定でも、もちろん印刷が可能ですし、写真印刷モードでも、高画質モードでも、モノクロ印刷が完結しますが、それでは、インクを大量に消費してしまいます。 原稿がモノクロだったにも関わらず、カラー印刷を選択した場合は、黒い文字の縁にあるような陰影も、ひとつのカラーとして扱い、グレーやホワイトに近い黒のグラデーションも、一緒に印刷されてしまいます。モノクロで十分な用途であっても、これらのカラーの再現により、無駄に黒以外の色を消費してしまいます。モノクロ印刷が必要な場合は、あらかじめ設定を確認し、確実に「モノクロ印刷」を行う設定にすることで、黒のみを使用することで、他の色を節約することができます。

エコカラーモードを積極的に利用する

昨今のエコへの意識の高まりから、各プリンターメーカーでは、インクの使用量を節約するエコカラーモードと言った設定を用意しています。大切な人にプレゼントするような高画質な写真印刷を求める場合は別にして、その印刷が、果たして最高レベルの高品質が必要なのか、適切に判断する必要があります。 例えば、たった1回の会議で使用する社内用の資料や、個人用にオンラインマニュアルをオフラインでも閲覧したい場合など、概要さえ分かれば良いようなケースにおいて、どこまで高画質な印刷が必要なのかを考えると、エコカラーモードの、やや画質を落とした印刷でも、実用十分な印刷品質を持っています。以上のように、本体やトナーカートリッジの性能による節約はもちろん、運用の工夫次第で、節約できる余地がいくつもあります。